がぜあすふぉーむ(ませ先生のブログ)

ネット麻雀のリアルタイム配信を行っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリー

給料日明け初めてのフリー
色々な思考を振り払いどくだみ荘へ
店に入るや、身体の中心線に緊張が走る
初めてフリーに入ったような、未知の物に触れる感触

「レートはいかがなさいますか?」
「ゴで」
「東3親番、25500点持ち。ダブ東仕掛けていますが」
「待ちで」

必要最低限の言葉だけを喋り、ソファーに座り通されるのを待つ
たっぷり40分は待ったか、店員が申し訳なさそうに話し掛けてきた

「申し訳ありません。3本場4本場と続きまして……」
「いえ、いいですよ。やっぱり東発からやりたいですから」
「すいませんねー」
「いえいえ」

そしてほぼ1時間待ったか、卓へと通される
他三名は全員五十を越えたいかにも打っている風貌なメンツ
他の卓は若者しかいないというのに……
特にメンツが気に入らないという事ではないが、焦りは助長される

東一局、ドラは南
もらった配牌は

W23578899
P25(赤)
S578

そして第一ツモが、赤5w
絶好と言える
だが、私の焦りは静まらなかった

場に切れてゆく7w8w
広がらないピンズとソーズ

そして……掴んだ親のアタリ牌
タンヤオチートイ赤ドラ2のインパチ

にこやかに渡すしかない
あそこで8wに飛びつき、赤5sを重ねてアタマにしようとしなかった私が悪い
もしくは7wに捕らえ、ムリチンに行かなかった私が悪い

ツモも歪む

s12233466778
z東東

ここにツモって来る場に一枚切れの3s
ツモ切るとタンヤオ赤ドラのザンク……

この後も好配牌、良ツモがなだれこんで来る
しかし、まったくアガれない
テンパイもしない

具合の悪さを感じた
マンガンテンパイでもリーチが来たらオリた

ドラ・2p

W234789
P22667
S345(赤)

ここから6p切りダマ
すかさず親からリーチが入る
そしてもう一枚ツモる6p……
7pは親の現物……オリだ
流局、親の待ちは36p
一撃でアタリ牌を掴んでいた事がわかる

オーラス、トップの親との差は6500点



W45(赤)6
P1234
S345699

ここに引いてくる1s
カンリャンゾーのツモっても裏期待
こんなんじゃリーチはかけられない……
ツモ切って手代わりを待つ
親から一発で2sツモ切られる
二順連続でツモ切られる

おそらくリーチをかけていたら握りつぶされただろう……

次のツモは2p

今度はペン3p待ち?

これも拒否する
打1p

W45(赤)6
P2234
S345699

次に引いて来たのは……5p

私の雀力を試しているかのようなテンパイの連続
ここはタンヤオを見て9s切り

W45(赤)6
P22345
S34569

そしてツモってきたのが3s

2pと3sのシャボ
場にソーズは高い
2pは二枚切れ

実質山に一枚いるかどうか

「リーチ」

耐え切れず、私はリーチをかけた
3着目と4着目の点差は近い
前に出てくるな!
その意図を込めたリーチ

同順、ラス目からアンパイ切りのリーチがかかる
私は7sを掴む
サンメンチャンに受けられていた……

私のツモはまだ問題を投げかけていたのだ

そして、図ったかのようにツモる2s

世が世ならマンツモでマクリトップ
完全に崩れた私はもはや三着に落ちなければよいと考える

流局

失策の手を開ける
だが、トイメンの開けた手に目を見張った

W234
P23445(赤)6
S2488

あそこでダマに構えていたら3sは飛び出ていた
オーラスに二着目からラスへ落ち込んでいた



「2300Gのお返しです」
「はい、ありがとうございました」

店員は驚いた顔をした
当たり前だ
待合室で一時間待たされて負けて帰る客が何故お礼を言うものか

「それじゃまた」
「ありあとあしたー!」

少しだけ違う自分になれる魔法の場所、雀荘
さ、また日常へ戻ろうか

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gaseousmahjong.blog82.fc2.com/tb.php/116-48ec5514

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

ませ先生

Author:ませ先生
↑カウンタ+22000

ネット麻雀のリアルタイム配信をしています
リンクの「ませ先生のライブ配信会場」よりどうぞ

最近のコメント

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。