がぜあすふぉーむ(ませ先生のブログ)

ネット麻雀のリアルタイム配信を行っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セットなど

どうしようもない麻雀が続いている
元来守備を主とした麻雀である私は、劣勢に立たされると殻に篭る事が常
先日のセットもじっと耐える麻雀を打った



メンツ(敬省略)

千鶴
瀬田

銀は麻雀を本格的に打ち始めてまだ日の浅い打ち手だが、なんでも吸収しオリの判断も上手い
千鶴は少し攻撃寄りであり、シャンテン数と打点の天秤をうまく計る
瀬田は手を早めに組み立てる傾向が強い、ついていない時はトコトンついてない



結果から言うと

1-1-6-2

ひどいと捉えるか、よく耐えたと捉えるか
私は後者として認識した

耐えていても勝てない、流れを変える為に強気に行くべきだったのでは? という案も一理あるが、それで重傷から重体に進行してしまってはどうしようもない
重体に陥らない麻雀をポリシーとしていて転げ落ちるわけには行かない

たとえばこんな手牌

北家・ドラ1p
五順目
ツモ8p

W4557
P359
S2479
Z西西

あなたは進みますか? それともオリますか?
平凡な三シャンテン
9pを打ってリーチを狙うもよし、2sを切って上の三色を狙ってもよし
進み方によっては西のトイツ落としでタンヤオもいいでしょう
運を信じるならピンフもいいですが、カンチャンペンチャンを全部先に入れるのは難しいでしょう
テンパイしてからリャンメンに受け変えるのも遅すぎる
ここはピンフ嫌いの私の考えなのでスルーして下さい

結論として私はオリぎみに打ちます
具体的にはソーズの9から全部外してワンズとピンズと字牌だけにします
赤を引いたらタンヤオ移行でいいでしょう
先行リーチをかけられたら字牌とワンズを通します
ピンズは積極的に仕掛け、ピンズのホンイツに見せます
その際はワンズの危険牌順に捨てきります
縦のツモならチートイでもいいでしょう、トイツが二つでカンチャンペンチャンばかりの手牌ならすぐさまチートイは考慮に入れます

牌効率だけで勝てる流れがこない以上、私のセオリーを続けるしかありません
厳しい状況ですが、腐らず、焦らず、受けの姿勢で

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gaseousmahjong.blog82.fc2.com/tb.php/193-c51c08ea

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

ませ先生

Author:ませ先生
↑カウンタ+22000

ネット麻雀のリアルタイム配信をしています
リンクの「ませ先生のライブ配信会場」よりどうぞ

最近のコメント

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。