がぜあすふぉーむ(ませ先生のブログ)

ネット麻雀のリアルタイム配信を行っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対談の抜粋

今週はノーレートフリーの体験記を書こうとしたのですが、今回はこちらの麻雀に関する対談の抜粋にさせて頂きます。


周りの人間はアタリ牌を切らないのに、特定の人物からはロンできる。
その状況は有効活用すべし。

オリの技術が足りないから攻めるしか出来ない、これは大きなハンデ。

相手の手、自分の手の早さ、ドラの種類を考慮して安パイの抱える枚数やタイミングのみきわめ。
これがバランスという物である。
そしてそのバランス調整が、ものすごく難しい。

ませの場合は、配牌時点でブラフに使う手か、マンガンへの変化が見込めるツモであった場合だけ進む手か、それとも即攻かの三択にしぼる極端なバランス調整。

ホンイツブラフからコクシブラフ、そしてチートイブラフに移行し、大三元ブラフもかましてトイトイにしてアガる。
これくらい徹底的にブラフはやる事。
たとえトイトイのみの2600点でも、相当なプレッシャーになる時はある。
この場合、チュンジュン牌はまず無警戒で打ち出されるのでトイツの時点でイーシャンテン進んでいる物と考えるくらい。
もちろんコクシブラフからの移行なので、攻められたらすぐさまオリる事が出来る。

上は攻守兼用を好む私の、最もやっていて楽しい打ちまわし。
うまくいけば、ただのションパイの端牌ですら、怯えるようになる。
結果、遅い手でも間に合ってアガれる。

「ほら、リー棒つまれてるぞ? タンヤオのみで回収したいだろ? 手伝ってやるからアイツの親番を蹴ってくれよ」
といった打ち回しを覚える事も一つの手である。

そしてあらかたチュンジャン牌切ったらオリる雰囲気を見せて一人旅させる。
しかし、運よくドラがかさなったら役牌鳴き、チートイ、安牌切りながらのハイテイホーテイ狙いに移行する。



ざわけっといきたかった……

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gaseousmahjong.blog82.fc2.com/tb.php/199-201899df

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

ませ先生

Author:ませ先生
↑カウンタ+22000

ネット麻雀のリアルタイム配信をしています
リンクの「ませ先生のライブ配信会場」よりどうぞ

最近のコメント

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。