がぜあすふぉーむ(ませ先生のブログ)

ネット麻雀のリアルタイム配信を行っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MTG雑談3回目:ドラフトで強いカード

友人がドラフトの基本を教えてくれというのでアップします。
ドラフトはクリーチャー戦。そしてあまり強いクリーチャーもいないことから戦線が硬直する事も多々あります。
硬直したなか、飛行クリーチャーやなんらかの回避能力を持ったクリーチャーか、使い捨てではない除去能力を持ったクリーチャーを引いたほうが勝つというのがドラフトです。

さてまずドラフトにおける基本クリーチャースペックからおさらいします。

1マナ・1/1
2マナ・1/3
3マナ・2/2
4マナ・3/3or2/4
5マナ・4/4or3/5

飛行クリーチャーなら以下の通り、但し飛行クリーチャーはゲームエンドを担うクリーチャーなので低マナ圏は割愛します。
てかパワー1の飛行クリーチャーはいらないと考えたほうがヨシ。火力で死なない程度のタフネスは欲しいですね。

4マナ・2/2飛行
5マナ・3/3飛行


次はパワーとタフネスの話。

ドラフトを制するのはパワーではなくタフネスです。

例え4マナでパワーが8という望外なクリーチャーがいたとしても、タフネスが1ならば1マナで出てくるザコクリーチャーと相打ちです。
そういう尖ったクリーチャーが活躍するのは火力や除去がふんだんに取れたときだけ、なかなか使いにくいのです。
ドラフトでかなり重要な線というのは

パワー2
タフネス4

この基準です。

次は除去の話。

ドラフトで入るクリーチャーは15匹程度。逆を言えば15匹除去できたら勝ちです。相手の勝ち筋が消えますからね。
最もよいパターンは、こちらはタフネスが高いクリーチャーで揃えて相手クリーチャーだけが死ぬように調整した「地震」。
実戦的なパターンで言えば

・こちらは3/3のクリーチャー1体でアタック
・相手は2/2のクリーチャー2体でブロック
・「ショック」で相手クリーチャーの一方を破壊し、こちらが有利な状況へ

このようにアドバンテージを取り続けていけばいずれ勝てます。

早足でしたが基本はこんな感じです。
これを理解したら次のステップいきましょう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gaseousmahjong.blog82.fc2.com/tb.php/948-235c0753

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

ませ先生

Author:ませ先生
↑カウンタ+22000

ネット麻雀のリアルタイム配信をしています
リンクの「ませ先生のライブ配信会場」よりどうぞ

最近のコメント

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。